ヴォリーズ六甲山荘
建築物

ヴォリーズ六甲山荘

  • 152
  • 0

ヴォリーズ六甲山荘

ヴォリーズ六甲山荘は、兵庫県神戸市にある認定特定非営利法人アメニティ2000協会が管理するプロパティです。

認定特定非営利活動法人アメニティ2000協会

「アメニティ」とは「住み心地の良い」「都市計画がめざす居住環境の快適性。数量的に捉えにくい歴史的環境や自然景観などにも配慮した総合的な住み心地の良さ。」という意味です。

気が遠くなるような長い時間の中ではぐくまれてきた厳粛で神秘的な森、よどみのない水、豊かな実りをもたらす土、そして自然や生活と長い間、優しいハーモニーを奏でてきた民家や町並みの数々・・・。

私たちの先輩から受け継いだこれらのものを次の世代に伝えるために、ナショナル・トラスト(広く基金を募り対象資産の保存、管理、運営を行う活動)の理念を柱として「アメニティ2000 協会」を2000年7月に設立しました。

本協会は日本で唯一国際ナショナル・トラスト機構(INTO)に加盟しています。

アメニティ2000協会ウェブサイトより)

プロパティの概要

ヴォーリズ六甲山荘は 1934(昭和9)年にヴォーリズ建築事務所の設計により個人の別荘として建てられました。

建築当時の状態が保たれており、ヴォーリズ様式の特色がそのまま残されています。 保存状況も良好であり、ヴォーリズ建築のなかでも建築的価値・希少性の高い建物です。

このヴォーリズ六甲山荘は、国登録有形文化財、近代化産業遺産、兵庫の近代住宅100選に登録/選定されています。

アメニティ2000協会は、このヴォーリズ六甲山荘をナショナルトラストの第1号として2008年3月に購入し、保存と活用を目指して活動してきました。

2018年に六甲山荘購入10周年を迎えました。これを機に、周辺の土地を取得しました。購入時は草が茂っていましたが、上手に整備し遊歩道を通し整え、「文化財と自然・遺跡の共生」を実現するプロパティとして、ボーリズ記念きょうだいの森を創りました。

2020年、ヴォーリズ六甲山荘全体(きょうだいの森をふくめて)が環境省の自然公園法にもとづく国立公園の公園計画(自然の保護と利用を進める、広義の観光)の施設であると認定されました。

2020年、創立20周年記念事業 としてきょうだいの森の整備、屋根葺き替え工事/休憩所建設工事を実施します。

アメニティ2000協会ウェブサイトより)

投稿者

アメニティ2000協会
アメニティ2000協会